札幌市でリフォームのご依頼なら | 株式会社司建装

アパートから民泊へ ~完成後~

 

以前、工事風景をご紹介させて頂いたアパートを民泊にする改修工事が完了いたしました。

 

【民泊とは?】

日本では個人が自宅の空き部屋を貸し出す小規模なものから、不動産企業が訪日外国人向けに建設した宿泊施設など、幅広い形態の宿泊サービスが「民泊」と呼ばれています。

訪日される外国の方、または卒業旅行の学生さんなど利用される方々は様々です。

ホテルなどに比べ宿泊料金がお手頃なことや、グループで貸し切り、暮らすように宿泊ができることが魅力です。

 

 

写真の通り、元は築年数の経ったかなり古いアパートでした。

 

戸建て一階写真 20180905戸建て一階写真 トイレ20180905奥側一階写真①

 

工事期間は解体から始まり約2か月。

お客様のご希望により、内装のコンセプトは【和モダン】となっています。

民泊のご利用が多いと思われる外国の方には日本らしい【和モダン】な内装は喜んでいただけるのではないでしょうか。

また、私たち日本人にとっても慣れ親しんだ畳やお布団は居心地の良い空間ですね。

 

 

アパート1F和室→リビング戸建て和室アパート1F寝室uFWpwatU

 

暖かみのある優しい明るさの照明は、1日観光で疲れたお客様に癒しの空間となるのではないでしょうか。

 

gZ-kx2Y4_QJbJu1YdBgR_L2UA_u0zwKo_W69TZzE

キッチンやシャワールームも完備されており、長期滞在には快適な設備が整っています。

 

 

2020年の東京オリンピックを控え、民泊は宿泊施設不足の救世主とも言われています。

古くなってしまった物件、眠ったままにしている物件をお持ちのオーナー様、

民泊リノベーションをお考えになってはみませんか?

ご興味のある方は、ぜひご相談ください。